基本診療

リハビリテーション科

「動けないこと」に対する治療

リハビリテーション科

リハビリテーションという言葉は医療や福祉の分野で盛んに用いられ、かなり一般の人にも知られるようになりました。
運動麻痺のリハビリテーション、視覚障害者のリハビリテーション、精神障害者のリハビリテーション、職業復帰のリハビリテーションなど、リハビリテーションという言葉はさまざまな障害や事柄に対して使われていますが、その本質は一体どこにあると言えるのでしょうか?
我々が実践しているリハビリテーション医学の立場からは、リハビリテーションの本質は"Dismobility"、すなわち「動けないこと」に対する治療にあると考えられます。言い換えれば、リハビリテーション科で主に取り扱っていることは、自分で動けない患者さんの治療です。

失われた機能の回復をうながし、残された能力を最大限に引きのばす

リハビリテーション科

近年、医療技術の進歩に伴い、救命・治癒できる疾患が増えてきていますが、一方ではいろいろの病気による後遺症や慢性疾患のために、ひとりで思うように動けず、日常生活が著しく制限された患者さんが増加しています。また、高齢化社会を迎えて、ちょっとした風邪などをきっかけにして、"寝たきり"となる患者さんの数も増える傾向にあります。
リハビリテーション科は、主に神経・筋・骨格器系の異常にもとづく運動機能障害者を対象として、医学的治療(medicaltreatment)や治療的訓練(therapeuticexercise)を実施する診療科です。
すなわち、疾患により生じた移動・身のまわりの動作・コミュニケーションなどの障害に対して、失われた機能の回復をうながすとともに、残された能力を最大限に引きのばすための治療を行い、患者さんが家庭復帰や社会復帰ができるように援助しています。
主な対象疾患は、脳卒中後片麻痺(半身麻痺)、頭部外傷後遺症、脊髄損傷、神経筋疾患、末梢神経障害、慢性関節リウマチなどの骨関節疾患、慢性腰痛、四肢奇形または切断、脳性麻痺、小児神経疾患などです。
さらに、急性心筋梗塞後や慢性呼吸不全の患者さんに対しては、再び社会生活ができるよう心肺機能や運動能力の回復を目的とした治療を行っています。
リハビリテーション科で行う治療手段には、運動療法、温熱・牽引・電気刺激などの物理療法、作業療法(日常生活訓練など)、言語療法、装具療法、義肢作製、薬物療法などがあります。患者さんの状態にあわせて、これらの治療法を組み合わせて効果的に実施します。

内科・小児科・アレルギー科・放射線科・リハビリテーション科 医療法人 吉川医院

診療時間

午前8:30~11:30/午後16:00~19:00(受付は30分前から行っております)/休診日:日曜・祝日・土曜午後

お問い合わせ

TEL.0744-22-0174 受付/8:00~11:30 15:30~19:00(休診日を除く)

アクセス

〒634-0845
奈良県橿原市中曽司町175番地

MAP

近鉄真菅駅徒歩3分、駐車場完備